寒い時期のお風呂の入り方

寒いですね~

この時期は毎日でもお風呂に入りたいぐらいですが、家庭のルールというものがあって
毎日というわけにはいきません。3日に1回ぐらいですね。

さて、そんな貴重な3日に1度のお風呂をどうやって活かすかを考えているんですが、
どうも入浴剤がすごくポイントみたいなんです。温まり方が違うんだとか。

日本酒とか米のとぎ汁とかいろいろあるんですけど、一番簡単なのは入浴剤を入れる
ということだと思います。選ぶポイントは余計な色がついていないことと、炭酸です。

お湯がいろんな色に変わるカラフルな入浴剤って多いと思うんですがあれは着色料で
いろをつけているので、見た目には鮮やかでも肌にとってはあまりいいことではないです。

着色料は本来なら余計なものだからです。なので着色料なしのものがいいですよね。

炭酸がいいというのは炭酸ガスに血管拡張作用があるので血行が促進されてどんどんと
身体が温まります。冬の時期にはぴったりの入浴剤といえます。

炭酸の効果効能について⇒炭酸水美容の魅力【保存版】

炭酸泉なんかがあれば一番理想なんですけどね、日本では九州のどこかにあるぐらいで
基本的には炭酸泉というのはないんですね。天然のものはですよ。

なので自宅風呂で炭酸ガスの入浴剤を使うというのが基本的になるということなんです。
お風呂に入れるお湯を炭酸にしてしまうということもできますが、設備投資が大変です。

このブログ記事について

このページは、URLが2015年1月18日 15:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「美白は使い分けが大切」です。

次のブログ記事は「冷え症対策としての温熱クリームと運動」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。